等級 ダウン 事故

等級ダウン事故

3等級ダウンの事故

自動車の任意保険の場合、事故を起こすと等級が下がりますが、すべての事故について3等級下がってしまうわけではありません。こちらの内容も、各保険会社により若干の違いがありますので、詳細は保険会社の担当にお尋ねする事をオススメします。

 

殆どの会社では自分に過失がある場合は、3等級ダウンの事故です。対人・対物賠償や車両保険のどれかを使うと基本的に3等級下がります。

 

たとえば怪我も無く車の損害もひどくなかったが、フェンスを壊してしまって対物の保険だけ使うケースなどです。この場合も3等級下がります。

・自損事故で壊したガードレールと自分の車両保険を使う
・出会いがしらで車と衝突
・当て逃げで車両保険を使う

 

当て逃げは自分に過失がありませんが、自分でぶつけて逃げてきた可能性も否定できないので、3等級ダウンになる保険会社もあります。他には自然災害系や飛び石による車両損害が考えられますが、こちらのケースで車両保険を使っても1等級ダウンのみなります。

 

 

1等級ダウン事故

 

1等級ダウン事故は自然災害や自分に責任の無い事故、不可抗力の事故の場合が対象です。

 

・台風で飛んできた屋根で車に傷が付いた
・走行中に飛び石で窓ガラスが割れた
・落書きや釘で塗装を傷つけられた
※地震の時は保険対象外です

 

また無過失事故といって、追突やセンターラインオーバーで突っ込まれた事故など、車両保険を使っても等級がダウンしない事故特約もあります。

 

この中で子供のいたずらや当て逃げ、台風や火事によるものは自分ではどうにも出来ません。ですが、当て逃げと子供のいたづらは犯人が分かれば親に賠償責任を請求できます。

 

犯人が分からない場合で車両保険を使う場合の等級の扱いはどうなるのでしょう?いたずらの場合は1等級ダウンですみますが、当て逃げの場合は3等級ダウウンです。ちょっと納得いきませんが、当て逃げは自分でぶつけたという事も考えられるためにそのような事になったのでしょうか?

 

その他の火事や台風、水害等は1等級ダウンです。高速道路を走っていて飛び石で窓ガラスが割れた場合も1等級ダウンです。等級ダウンで保険料が上がる事を考えると、少々の事故でしたら保険を使わずに自腹で直したほうがよいケースもたくさんあります。

 

また最近のネット通販型のダイレクト保険は車両保険に免責【自己負担額】をつけているケースが多いので、今後はこの分を考えると保険を使わないケースが増えてくると思います。

 

似たような特約で以前、等級プロテクト特約がありました。車両保険を使っても等級が下がらない特約でしたが、この特約を使って毎年車を修理する人などがいた為、保険が成り立たなくなりました。

 

このため等級プロテクト特約は、平成25年10月の保険改定時に、ほぼすべての保険会社から無くなりました。

 

 

 

トップへ戻る