自動車保険 対物保険 対物賠償

対物保険

対物賠償

自動車保険のひとつである対物賠償責任保険とは、事故で相手の自動車や物を壊してしまった場合、損害賠償としての出費を補償するものです。

 

注意しておかなければいけないのは、自賠責保険に入っているから大丈夫と思いがちですが、自賠責保険では相手の自動車や物などの損害賠償は補償されないことです。

 

自動車による事故で相手の自動車や物を壊した時、損害賠償責任を負担することになります。ネット型の家庭用自動車保険に加入した際は、必ずと言っていいほどセットされる補償です。

 

 

この賠償対象になる損害は物などの修理費である直接損害と、営業車などの修理や休業により、間接的に生じた損害である間接損害があります。

 

直接損害と間接損害をあわせると、かなり高額になる可能性があるため、保険金額が無制限である自動車保険の契約をする人が多いです。

 

修理代はどこまで認められる?

 

対物賠償責任保険の支払い対象は、法律上の賠償責任額、つまり自動車の時価額までとなっています。相手の修理代金等が全部まかなえる訳ではなく、法律上の損害賠償義務は、その時の時価額までとなる為、注意が必要です。

 

しかし、交通事故で破損した相手側の自動車の修理費が時価額を超えてしまう場合もあります。このような場合に対応するのが全損時修理差額特約なのです。

 

全損時修理差額特約は、50万円ほどではありますが、時価と実際の修理費の差額分を補償します。【上限は各社で異なります。】

 

そのため、交通事故を起こした時、相手側が時価を超える修理費を請求してきた場合でも、全損時修理差額特約に入っていれば、自動車保険会社がある程度の修理代は補償されます。

 

示談交渉がまとまらないケース

 

このように希少価値があったとしても、保険上では古い車は資産価値が無いものとして扱われるケースがあります。

 

【TOYOTA 2000GT】

 

市場での取引価格が1000万円の車であったとしても、年式が古い場合、保険会社が算出した時価額までしか補償されないため、示談交渉が難航することがあります。

 

このような事情から、対物賠償責任保険に加入する時、全損時修理差額特約をつける人は多いようです。

 

対物賠償も無制限で

 

対物賠償というのはあくまで他人やその財物を対象としている為、自動車保険の加入者本人とその家族の所有物は、補償の対象外になります。

 

対物事故の場合、損害賠償請求されるのは自動車や物の修理代だけではなく、店舗等の業務を行っている建物に損害を与えた場合、直接損害を与えた建物自体への賠償以外にも、事故によって生じた間接的な損害である休業損害、営業損失、商品や製品の破損の補償等も損害として積算されます。

 

その為、タクシー、電車等の商業用車両や飲食店、コンビニ等の商業施設に損害を与えた場合の補償金額は高額になる場合があります。

 

補償内容は保険会社により異なりますが、保険会社の対物超過修理費特約等の特約で補います。

 

恐喝になるケースも!

 

また相手側より、『不足分は自分で補え!』と要求されるケースもあります。このような要求には必ずしも応じる必要はなく、保険会社と話し合い、相手側との直接交渉や安易な約束をしないようにしましょう。

 

保険会社を通した後、事故の相手側と直接やり取りをすると、話がこじれる事が多いです。保険会社の担当に任せたら、余計な事をするのは避けましょう。

 

保険を検討する時は以上の点に注意して自分自身にあった保険を考えた上で一番安くて良心的なところを探しましょう。

 

 

 

 

トップへ戻る