車両保険について

 

自動車を所有していて、一般的な公道を走行できるように登録を行っている方の場合では、強制保険として自賠責保険に必ず加入していることになります。最低限必要とされている保険内容になり、対人賠償についてのみ適用される内容を持っているものとして知られています。

 

任意加入の自動車保険の場合では、カバーすることのできる範囲が広く設定されており、それぞれの項目を基本的には自由に設定することができます。例えば対人賠償や対物賠償などは基本的項目になり、殆どの加入者が利用している内容になります。

 

自動車保険の中には、車両保険という項目も用意されています。車両保険に関しては、基本的には保険加入者の自動車を修理するために必要とされているもので、万が一の交通事故を起こしてしまった際には効果的に利用することができます。

 

車両保険には免責金額というものが設定されていることがあり、一般的には保険を使用する際に免責金額を支払うことが必要とされている項目になります。条件によっては免責金額をゼロとすることも可能になりますが、その場合では保険料が上がることになるために、保険加入を行う方の場合では、バランスを考えて選択することもおすすめになります。

 

免責金額は保険会社各社によって、設定内容が異なります。どの会社がどのようなプランをオススメしているのかは、その時によって異なります。こういった場合には自動車保険の一括見積もりなどで何社か相見積もりを取り、自分に一番合った保険会社を探しましょう。

 

自動車保険の中で一番保険金を支払いして内訳を圧迫しているのが、車両保険です。車両保険とはご存知のように、ご自身の車の修理費用を出してくれる保険です。

 

加入する人は車を購入して間もない人が多く、長年同じ車に乗っている人は加入しないこともあります。とにかく保険料を節約したい方は自動車保険見積もりプレゼントなどのキャンペーンを利用してみるとすぐに見つかります。

 

お気に入りの愛車には車両保険を

 

自動車保険の車両保険には2つの種類があります。一般条件の車両保険と、車対車+Aの車両保険です。但し、地震、噴火、津波の場合は無責【保険がおりない】なので、別途地震特約の締結が必要になります。

 

一般車両保険
一般条件のものは、幅広くフルカバーで補償がされます。一般条件のものは、自動車保険の保険料が高くなります。
他の自動車との事故での修理はもちろん、盗難された時や火災、台風にあった時、ガードレールなどに単独事故であたってしまった時、他の車に駐車場などであて逃げされた時なども、すべて補償されます。

 

エコノミー車両保険(車対車+A)
一方で、車対車+Aのものは、他の自動車との事故での修理、盗難された時、火災や台風にあった時は補償されます。しかし、それ以外の、ガードレールや電柱柱などにあたって車を傷つける単独事故や、あて逃げで車を傷つけられてしまった時などは、まったく補償されませんので、注意するようにしましょう。

 

車対車+Aは限定された補償のみとなるのです。但し、自動車保険の保険料は一般条件のものに比べれば、安く抑えることが出来ます。

 

その他、車両保険を契約するときは、契約する自動車の車両保険金額と、自己負担額をあらかじめ決めておきます。車両保険金額とは自動車の市場販売価格で決められる金額です。自己負担額は事故が起きた時、自分自身が負担する金額のことです。

 

車両保険の適用範囲

  他車との衝突,接触,追突 原付との衝突,接触 盗難 台風・洪水・高潮 火災・爆発 物品飛来・落下 落書・ガラス破損 暴力行為(騒擾行為) 単独(自損)事故 自転車との衝突 鹿など動物との衝突
一般車両保険(一般タイプ)
車対車+限定A特約(エコノミータイプ) × × ×
車対車衝突限定(車対車) × × × × × × × × ×

 

免責金額【自己負担額】を設定して保険料を安くする

 

自動車保険には自損事故や接触事故で破損した自分の自動車を修理するための車両保険というものがあります。この車両保険は自動車保険の掛け金とは別に保険料を支払うことで加入することが出来ます。そして事故などがあった場合にその保証を受けることが可能になります。

 

しかしこの車両保険には自動車保険とは違い、免責金額というものがありますので注意をしておかなければなりません。この免責金額というのは保証される金額の上限を示すものではありません。そうではなく支払いする下限を規定するものなのです。

 

保険の契約によって詳細は異なりますが、初回は無条件に支払いをするが、2回目以降は10万円の免責金額を設ける(0-10万円)などの条項を設けていたりします。この免責金額の10万円というのは、2回目以降の事故については10万円以下の修理で済む軽微な事故に関しては支払いをしませんという意味を持っていますので注意が必要です。

 

定額方式

増額方式

【事故の回数に関係なし】

0万円

5万円

10万円

【事故1回目】   【事故2回目】

0万円   −   10万円

5万円   −   10万円

 

一方で支払い上限というものも存在しています。あまり知られていませんが、車両保険はその車の現在の価値以上の支払いはしないことになっています。つまり中古車市場が車種と年式で大体の値段が決まってしまうのと同じように、事故車の車種と年式で大体の評価が決まってしまうのです。そのため事故で修理に50万円がかかるのに車の評価額が30万円なので保険金が30万円しか下りないということがあるのです。車両価値とは購入した金額ではないので車両保険設定時には注意が必要です。

 

具体例を挙げると、上の画像は日産が誇る名車GT-Rですが、マニアの間では200万円以上の値で取引されているそうです。しかし初年度登録から20年程経過している車両もあり、事故をおこした場合に相手側保険会社から100万円を取るのは厳しいでしょう。

 

こんな風にどこの保険が一番良いのかはプロでわかりません。まずは自動車保険の一括見積もりのプレゼントキャンペーンなどを利用して、一番お得な保険会社を探しましょう。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る