ネット自動車保険 代理店 自動車保険 違い

ネット自動車保険と代理店型自動車保険の違い

ネット系ダイレクト通販自動車保険の苦戦

自動車任意保険の加入方法については、大きく2種類あります。

 

現在のようにWEBで保険商品が発売される前は、自動車保険商品を販売している損害保険会社の代理店を介して、保険商品の説明を受けたり、加入をする方法が一般的でした。

 

 

ダイレクト方式と呼ばれることがありますが、近年非常に人気が出てきたのがこのようなネット通販型ダイレクト方式の自動車保険の事です。

 

代理店型自動車保険の利点とは

 

代理店方式については、大きく分けて2種類あります。まず保険専門の代理店で、自動車保険に限らず様々な提案をして契約に付加価値をつけることが出来る専業保険代理店タイプと、自動車ディーラーのように、単純に保険の契約と更新のみに対応する代理店に分かれます。

 

契約後に、保険費用の節約や、家族状況の変化等からよりコストを抑え、なおかつ保証を厚くする良い提案をしてくれる保険代理店を希望する場合には、専業代理店をお勧めします。

 

ディーラー型代理店は、そうした保険提案をすることが出来ない場合であっても、自動車修理や車検に対応する企業であれば、保険契約をすることで定期的な修理や検査のメリットを受けられることがあります。

 

 

自動車保険の主流はネット通販型保険に?

 

保険専業代理店を経由して自動車の損害保険を加入した場合には、保険加入に関するトータルプランを相談できるメリットがあります。生命保険費用を節約する為の相談をすることも可能ですし、事故や怪我の時など、どんな時でも担当者に連絡をするだけですので、窓口が一本化されていて大変便利です。

 

以前はこのような細かいアドバイスをしてくれる、親切な代理店が結構ありました。しかし現在では手数料の悪化や作業の効率化で、『更新手続きのみの代理店』が増えてきました。しかし、これでは代理店で保険に加入している意味がありません

 

ネット通販系の自動車保険で見積りをする人達が増えているのはこういった理由があるのです。

 

あなたがご加入している保険の代理店は、親身になって相談に乗ってくれますか?『どうなんだろう?』って思った方は、ネットの一括見積りで値段だけでも見てみたらそうですか?

 

更新時にネット型に乗り換えがベスト

 

ほとんどの人が毎年自動車保険の更新時期がやってきます。これまでずっと地元の自動車整備工場や専業の保険代理店を利用していたという人が多いでしょう。ありがちなのが、車検をはじめて受けたのもその店だったとかで、薦められるまま保険にも入っているケースです。

 

 

何かきっかけがないと、保険を見直すことなどないですよね。自分の場合も会社への通勤途中にあることから、これまでにも車が故障したときに修理をしてもらったり、事故で動けなくなったときにきてもらったりしていた関係もあり、車検ともどもそこにお世話になっていたのです。

 

流れが変わったのは今の車を購入してからでした。それまでは、あちこちで見つけてきた中古車に乗っていました。人から紹介されたものであったり、大型中古車屋であったりと、購入先はさまざまでした。基本的にこういったところからは、その後の管理やDM等の連絡はほぼありません。

 

 

 

トップへ戻る