自動車保険の対人賠償

自動車保険のひとつである対人賠償責任保険とは、事故で第三者に怪我を負わせたり、後遺障害や死亡させていまった場合の賠償としての出費を補償するものです。

 

注意しておかなければいけないのは、こちらも自賠責保険に入っているから大丈夫と思いがちですが、自賠責保険での怪我の賠償は120万円まで、死亡時で3000万円、後遺障害のひどい時でも4000万円までしか補償されないことです。

 

 

ネット型の家庭用自動車保険に加入した際は、対物賠償と一緒にセットされる補償です。対物賠償は必ず無制限にしましょう。

 

ほとんどの保険会社では無制限以外の選択はできないと思いますが、仮に1億円等に補償を下げても、保険料はほとんど変わりません。最悪のケースを考えて、かならず無制限を選択しましょう。

 

対人賠償の補償範囲

 

対人賠償の補償範囲ですが、基本的には病院の治療費と休業損害、最後に慰謝料となります。細かい事になると、病院へ行った時の交通費とか、主婦の場合は主婦手当などになります。

 

自賠責保険のページでも少しお話しをさせていただいておりますが、怪我の場合120万円以上は自賠責保険の補償がありませんので、そこから先をカバーします。

 

『任意保険に加入するならば、自賠責保険は入らなくていいのでは?』と考える人もいますが、それは間違いです。任意保険は、自賠責保険の上積みであり、自賠責保険に加入していないと、120万円はご自身で負担しなければいけなくなります。

 

また、死亡時には3,000万円が自賠責保険から補償される事も考えて、自動車は必ず車検を受けて自賠責保険を付帯するようにしてください。

 

自賠責保険が使えないケースも

 

自賠責保険が使えないケースもあります。それは怪我をしてしまった自分自身が100%悪いような事故です。自賠責保険は自動車損害賠償責任保険の略であり、賠償を目的とした保険です。自分自身が100%悪い事故だと、だれが悪い訳でなく自分が悪いのですから、自分で自分の賠償なんてありません。

 

相手にも責任が無いので、相手の自賠責保険も使えません。この場合はご自身の搭乗者傷害保険や人身傷害保険などでカバーする形になります。

 

ナンバーの無い車【構内専用車】はどうなる?

 

では構内専用車のように、自賠責保険の無い車はどうしているのでしょうか?たとえば工場ののフォークリフトや大きな工場の中で使われているナンバーの無い車などです。

 

これらの車はナンバーがないので、車検もありません。ですので自賠責保険もありません。こういった車でも事故が起きたら賠償しなければいけません。しかも日本の保険の定義として、基本的にエンジン等原動機がついた車両は、他の賠償保険が使えないのです。

 

つまり自転車等の人力の自動車以外は、すべて自動車保険に入っていないと、保険は使えないのです。ですので自転車などは個人賠償保険が使えます。【業務中を除く】

 

 

トップへ戻る