自動車保険の内容について

任意保険はたくさんの損害保険会社から発売されており、商品ごとに補償内容や保険料が異なります。自動車保険の保険料は補償内容や加入する自動車の排気量などによって変わります。様々な項目によって保険料が上下する為、素人にとって理解しづらい保険商品と言えるかもしれません。

 

自動車保険の補償内容にもいろいろな項目があり、そのすべてを完全に把握しているドライバーは少ないと思います。最低限の知識を持っていれば事故の際の対応も可能ですが、出来ればある程度補償内容を把握しておいた方が安心です。

 

わかりにくいけど保険を安くするなら!

 

最近は通販型の保険商品も多く登場しており、保険に関する知識は通販型保険を選ぶ際にも役立ちます。自分自身の万が一の事故でのトラブルを防ぐ為にも、また保険料を抑えた補償内容を組み立てる為にも商品内容について学習しておくといいでしょう。

 

どうしてもわかりづらいときは自動車保険の一括見積もり等で何社か見積もりを取ると、なんとなく内容がわかってくると思います。

 

 

 

自動車保険の内容記事一覧

自動車保険は費用が掛かっても入っておくべきで、無加入では万一の際大変なことになります。一般的には自動車を保有する時には必ず加入するもの、という認識が徹底されています。では自動車保険を選ぶとき、どんな点に注意すればよいのでしょうか?安ければ良いのでしょうか?自動車保険の加入において検討するポイントで重要なのは、保険料だけではありません。もちろん家計の節約の観点から保険費用を無駄に多く支払う必要はあり...

インターネットなどで契約するタイプの通販型自動車保険には、契約時に特に選択をしなくても、はじめから無料のロードサービスが付帯していることがほとんどです。交通事故や故障が発生した際の契約車両のレッカーけん引と、修理後の車両の搬送があります。レッカーけん引などのロードサービスについては【出発地から50キロメートルの距離までは無料】などといった距離に関する条件が付けられていることが多く、自宅から離れた山...

オススメしたい特約はいくつかありますが、まずおススメしたいのは弁護士費用特約と個人賠償特約の二つです。弁護士費用特約先に別ぺージで記載した例の『被害者事故』の時に訴訟のための弁護士の費用を補償してくれます。金額は300万円のところが多く、訴訟に至らない簡単な弁護案件を10万円まで補償してくれる特約もあります。これは家族全員まで補償されて、歩行中の自動車事故等にも有効です。保険料は年間で1000〜2...

車両保険それでは見直しのポイントですが、その前に自動車保険の保険料の内訳を見てみましょう。自動車保険には、大きく分けて4つの項目があります。人に対する賠償の保険【対人賠償】物に対する賠償の保険【対物賠償】ご自身の車内に乗車中の傷害保険【人身傷害】ご自身の車の修理代の保険【車両保険】この自動車保険の内訳の中で一番高いのは車両保険の保険料です。全体を100とすると、ほぼ半分以上が車両保険の保険料です。...

トップへ戻る