原付一種 原付二種 軽自動車 自賠責保険

原付 自賠責保険

原付などの車検対象外の車両の自賠責保険

私達が車やバイクなどのハンドルを握って運転する際に、加入が義務付けられている保険として、自賠責保険があります。

 

ナンバーのついてる普通車のように、車検を受ける車でしたら自賠責保険に加入します。これは自賠責保険に加入していなければ、車検が通らないためです。

 

自賠責保険は任意の形では無く、自家用車などや自動二輪車などで公道を走るのならば、必ず加入しなければいけない事から、別名で強制保険とも呼ばれております。

 

250ccまでのバイク等は車検が無い

 

ご存知のように、250cc以下のバイクなどは車検制度の対象外のため、第三者が自賠責保険を確認する手立てがありません。ですので所有者がしっかりと管理をする必要があります。

 

自賠責保険は、任意保険と違って保険会社が世話を焼いてくれません。満期の通知はハガキ一枚のみのケースが多く、うっかりすると自賠責保険が失効しているケースがあります。

 

特に50cc以下の原付一種、125cc以下の原付二種は、ナンバーも市町村発行であり気軽に乗れるので、任意保険どころか自賠責保険も未加入のケースが見受けられます。

 

また、250cc以下のバイクも車検が無い為、ナンバー取得時にこそ自賠責保険に加入するものの、失効したままのバイクも多数存在します。あなたも運転前にもう一度確認してみることをオススメします。

 

原付などの自賠責保険は自分自身には使えない

 

自賠責保険の主な補償範囲内としては、人身事故であり、他人の死亡.障害.怪我などが挙げられます。

 

自賠責保険の保険金が下りる対象となるのは、あくまでもその車両で他人に被害を与えた怪我.障害.死亡事故などが対象です。

 

その自動車の運転手と自動車の所有者【運行供用者という】等が怪我をした場合など、第三者ではないケースは原則として自賠責保険からは保険金が支払われません。

 

自賠責保険では、あくまでも第三者への賠償が目的であり、被保険者が誰なのか?で補償の範囲が変わってきます。

 

 

トップへ戻る