自賠責保険 任意保険

自賠責保険

自動車損害賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、自動車(オートバイを含む)、及び原動機付自転車の運行により、他人を死傷させた場合において、賠償額を担保する保険(賠償責任保険)です。

 

よく巷で言われる強制保険とは、法律によって加入が義務付けられているこの自動車損害賠償責任保険(以下、自賠責保険)の事で、車検を受ける車は、必ず車検取得時に加入します。

 

自賠責保険証書の見本

 

そもそも自動車保険とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険を言います。ここで言う自動車にはオートバイなどを含む場合が有ります。法的扱いにおいて「強制保険」と「任意保険」に分類されます。また、農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれます。

 

自賠責保険は、被害者の最低限の救済を目的としたものであり、往々にして交通事故の被害者に結果的に生じた人的被害の賠償総額(治療費、休業損害、慰謝料などの合計額)に対して限度額が不足しがちであり、また対物損害には保険が適用されません。

 

このように自賠責保険だけでは責任保険の限度額の面や、被保険者自身の保障の面で不十分であり、十分な保険を行うことを目的として、任意で加入できる保険商品が保険会社などから販売されています。これを一般的に自動車保険あるいは任意保険といいます。

 

自賠責保険の対人保険

 

自賠責保険の最高額は怪我で120万円、死亡時でも3,000万円です。テレビでも見掛けますが、万が一、人を引いてしまったら高額の賠償金が必要になります。中には1億円を超えるケースもざらにあります。

 

自動車事故を起こしたら、物は壊れますし、人に怪我をさせることもあります。人が死ぬこともそれほど珍しいことではないのです。そうした不測の事態に備えることができるのが、任意保険というものなのです。

 

自動車に掛ける保険はできるだけ手厚いほうがよいです。少なくとも対人事故の場合は無制限の補償をお勧めします。ちなみにこうした負債は基本的には自己破産で帳消しにすることができませんので注意が必要です。

 

自賠責保険の対物保険

 

先にも示した通り、自賠責保険に対物賠償はありません。もし任意保険に加入してない場合、対物の賠償はすべて自分で支払う事になります。また示談交渉なども代行してもらえず、加害者か被害者が直接請求することになります。

 

 

 

自賠責保険記事一覧

私達が車やバイクなどのハンドルを握って運転する際に、加入が義務付けられている保険として、自賠責保険があります。ナンバーのついてる普通車のように、車検を受ける車でしたら自賠責保険に加入します。これは自賠責保険に加入していなければ、車検が通らないためです。自賠責保険は任意の形では無く、自家用車などや自動二輪車などで公道を走るのならば、必ず加入しなければいけない事から、別名で強制保険とも呼ばれております...

トップへ戻る