保険の種類にも色々あります。生命保険・医療保険・学資保険と様々です。
普段からお仕事やプライベートでお車を運転する方も多いと思いますが車を運転する祭にこの保険は絶対不可欠な保険と呼べます。

 

自動車保険には主に2種類の保険があり自賠責保険そして任意保険の二種類ですが、お車を購入された時に必然的に加入されるのが自賠責保険であり、任意保険は読んでその字の如く任意で加入する保険の事を言います。

 

まず始めに、なぜ2種類に分かれて保険があるのかの説明を簡単にしますと、実際に交通事故で他人を死亡させてしまったり、重い後遺障害を負わせてしまうと賠償金額は1億や2億といった高額になります。

 

自賠責保険の保障は最高でも3000万円と決まっており、自賠責保険の賠償金だけではとても足りない事は、皆さんにも良く解る事かと思います。

 

 

では足りない分はどうすれば良いのかと言う事です。そこで先のお話にもありました任意保険の加入です。これで何故二つの保険があるか理解していただけたかと思います。そして今回のお話にある自動車保険とは主にこの任意保険の事を指すものと思ってください。

 

良くCMや宣伝広告で見かけるのは任意保険の事です。現在各保険会社が様々な商品を販売されておりますが保障内容はどの保険会社でもほとんど変わりなく自分で保障を組み合わせる商品がメインです。ただ少しでも掛け金をお安くと考えるのであればインターネット保険の加入をオススメ致します。アドバイザーや担当者の人件費が掛からない分掛け金が割安になっている所がほとんどです。

 

事故が無いならSBI?

 

保険料だけを考えたら、オススメの保険会社はSBIと言いたいところですが、車の車種や年齢等でまったく変わってきます。また事故暦の有無で保険料は大きく変わってきます。とくに平成25年10月にあった保険の料率改定により、過去3年間事故で保険を使用した人は大幅に保険料がアップします。

 

自動車保険の保険料は車種による料率を、複雑な計算式からはじき出します。ですので、このページで『ここが安くて良い保険です。』って即答できないんです。同じ車種でも保険料が違うんです。

 

たとえばハイブリットカーでおなじみのトヨタのプリウスですが、同じプリウスなのに型式は4つ以上あります。参考までに型式を乗せます。

一番ヒットしたNHW20型

 

 

NHW10
NHW11
NHW20
ZVW30

 

これみんなプリウスの型式なんですが、この4台のプリウスはすべて保険料が違います
保険会社の担当者も即答出来ないのはそのためなんです。

 

ですので自動車保険の見積りは、一括見積りで何社かを比べてみた方が良いでしょう。

 

 

 

 

トップへ戻る